目からうろこの栄養学

 

このページでは、サプリメント管理士の私が摂っているサプリメントを教えて欲しいと言う声にお応えし、必須栄養素の重要性、何故そのサプリメントなのか。また、何種類も試した中、『結果で勝負!』 のサプリメントに出会うまでの経緯をさらりと書いております。

 

私と栄養学

もともと食が細かった私。中学生まではスレンダー、高校生から20代前半はストレスで太り、ダイエットとリバウンドの繰り返し。これはいかん!と栄養学を勉強し始めたのがこの頃、まだ巷にあふれる一般的な栄養学の知識。私がお伝えするのは、タイトル通り『目からうろこの栄養学』。

 

サプリメント💊=薬に似たもの?

薬疹を経験してから極力薬を飲んでいなかった私。栄養素は食事から摂れば良いんじゃないの?と思っていましたが、どこかしら不調。完全に栄養素不足。サプリメントを摂り始めたのが30代(現在50代)。日本、海外、ネットワークのいろいろなサプリメントを摂ってきました。直感で、この人は!と思う方に何のサプリを摂っているのかをお聞きしたりしていたTheサプリメント・ジプシー。きちんとサプリメントの勉強をしよう!と思いサプリメント管理士の資格を取得。それでもジプシーは続きます。なぜなら、どの製品を摂っても結果が出なかったから…。

 

「不調」=身体からのサイン

人間はとても敏感。小さなとげが刺さっただけで痛いですよね。「なんか普段と違うな~」←それは身体からのサイン。どこが痛い/調子が悪いかによって何が足りていないかがわかります。〇〇が足りていないなら〇〇を摂れば大丈夫。いえいえ、バランス良く栄養素が摂れてこそ結果が出るのです。身体は正直です。 

  ※図はネットからお借りしました。ありがとうございます。

桶の法則(桶の理論)

図をご覧下さい。どんなに水(栄養素)を入れても、低い箇所から(栄養素)が漏れ出てしまいます。つまり、栄養素の量は一番低い板で決まるのです。

 

 

ミネラル60種+ビタミン16種+アミノ酸12種+脂肪酸3種=必須栄養素91種+腸内細菌

 

一般に必須栄養素は46種類と言われています、実は91種類必要なんです。どの必須栄養素も一定期間欠乏すると、1つに付き10種の病気になると言われています現在ご自分が摂っているものをチェックしてみて下さい。さらにミネラルがなければ、ビタミンはその有効性をほとんど発揮することが出来ません。「えっ、そうなの?」はい、あなたには何が足りていないのかお伝えします。

 

名刺ぴかぴか事件

ここで忘れられない出来事、それは名刺ぴかぴか事件。2016年7月、わが家のゲストハウスに最初にお泊りいただいた方は、主人のスキーインストラクター後輩のご親族一同さま。その内のおひとり元デューク更家さん公認講師のおば様(以下Tさんとします)、初対面なのに意気投合。時計が0時を過ぎる頃まで話していました。お仕事は何をされているのかお聞きすると、ウォーキング講師とサプリメントを紹介しているとのこと。Tさんが名刺入れをかばんから出すと、その名刺入れがぴかぴか光り始めました。「変わった名刺入れだな~」と思って見ていると、ご本人も何度も裏返したり、中を見たり、入っている名刺全てを出したり…。何をされているのかお聞きすると「名刺入れがぴかぴか光っていて…。光っているわよね?」と逆に聞かれました。見せていただくと、それは普通の名刺入れ。光る装置も何もなし。私とTさんの頭の中は???でいっぱい。一緒に居た姪っ子さんにTさんが「光ってるわよね」と聞くと、姪っ子さんは「何が?」との返事。「えっ、光っているの見えないの?」と。そうなんです。見えていたのは私とTさんのみ。後にも先にも経験した事ない体験でした。

 

運命のサプリメント

サプリメントの話に戻すと、そのTさんがご自分用に持ってきていたサプリメントとクリームを私にくださいました。その頃ゲストハウスをオープンさせたばかりで忙しく、サプリメントどころではありません。Tさんとはそれっきり、年に1~2回季節のあいさつのメールくらい。突然2021年9月「お会いしませんか?」とのメールをいただき、これと言って話すこともなかったのですが、断る理由もなく会うことに。そこで運命のサプリメントと出会うとは。前回頂いたサプリメントが最先端技術でパワーアップしていたのです。キネシオロジーテストをすると、その場ですごさが分りました。すぐに購入先を紹介していただき、その場で注文。それから私+わが家のわんこ2匹の身体に変化が。Tさんと出会って5年。「もっと早く気付けばよかった」と後悔。でもあの時ではなく、まさにこの時がベストタイミングだったのでしょう。

 

うんちは健康のバロメーター💩

さてあなたのうんちは?ご自分の身体を知るにはまずうんち💩。

※図はネットからお借りしました。ありがとうございます。

 

私の場合、一番長い時で1週間(留学時)、旅行など環境が変わるとまず出ませんでした。今、思えば腸内環境はボロボロ。そんな私の救世主、それが腸内細菌。このおかげで便秘とはほぼおさらば、快調(快腸)です。腸内細菌のこともお伝えいたします。

 

ここで3例ご紹介

例1: ジャスミン (メス、現在6歳、21kg) ラブラドールxシェパード わが家の犬

6ヶ月齢で避妊手術をし、2歳半で避妊手術による尿失禁(人間で言うところの更年期障害)が始まりました。獣医さんに処方されたホルモン剤を飲ませていましたが効き目はいまいち。ずっと飲ませ続けるのが嫌で、ネット検索の日々。海外からよいと言われるサプリをいくつも取り寄せては飲ませていたのですが、やはり効き目は・・・。諦めかけていましたが、ダメもとでTさんに相談。「例のクリームを塗ってみては?」とのアドバイス。大事なところに塗ったところ、尿漏れが激減↓。えっ、なんで!数日で目に見えて漏れが減りました。一時は子供用のおねしょシーツを敷く程だったんですよ。

 

2: アスター (オス、現在3歳、16kg) ウィペットxシェパード わが家の犬

とにかく太れません。健康診断では全く問題ないのですが、すぐにお腹を壊し下痢。しょっちゅうお医者様にかかっていました。生死を彷徨ったことも。脊柱動物、つまり人間もわんこも基本は一緒。私と同じサプリメントを食餌に入れ始めました。相変わらず細っ子ですが、そのサプリメントを摂取させるようになってからお医者様にお世話になっていません。 ※わが家はドッグフード→手作り食に。

 

例3: 私

それまで毎年秋になると夏の疲れと安堵から高熱やじんましんを発症していたのですが、全くなし。ご近所さんに言われて気付いたこと。1年を通して半袖生活でした。ここ軽井沢の冬は朝晩マイナス。それを半袖で過ごしていました。外での立ち話くらいだったらそのまま半袖。「安定の半袖」「小学生みたい」と言われています(笑)。さすがにわんこの散歩(約1時間)の時は防寒着着用ですが中はTシャツ。あと、他の方と話していてギックリ腰になっていないことも判明。以前は年3~4回もなっていたんですよ。最後にとっても大切なこと!それは心が整い、「なんとかなる」と思えるようになったこと。※2021年10月から飲み始め、その年の冬から半袖生活です。

 

最後に

そう、栄養素でこれだけ変わるのです。他にもいろいろとあるのですが、書ききれないのでとりあえずこの3つ。「もっと話を聞いてみたい!」「試してみたい!」と思う方はご連絡ください。簡単な体幹チェック、普通とは違う食事改善のアプローチも致します。今までの食生活、環境などによりそれぞれ体感は異なります。また、お薬のアドバイスは出来ません。その点ご了承願います。真剣にご自分の身体と心を整えたい方のみとさせていただきます。けっして売りつけませんのでご安心を。基本をつかめば後は応用のみ。一生モノの知識となります。今までの結果が今のあなたの状況です。一生お付き合いする大切な身体に耳を傾けてください。

 

目からうろこの栄養学 受講料:

お一人3,000円 (所要時間2時間程度)

日時はご相談。本業優先ですので、繁忙期(GW、お盆、シルバーウィークなど)はお受けできません。

※オンラインでとのリクエストがありますが、その場で体感をしていただきたいので、今のところ対面のみとさせていただいております。

TEL 080-5006-0078

 

サプリメント管理士(認定番号SK09-7242)クォンタムタッチヒーリング、レイキヒーリング、モナ浄化 梶田 薫 (かじた かおり)

 

参考図書

『ミネラル革命』 ゲルハード・シュラウザー 著 

『腸内細菌はすごい!』 佐々木 淳 著

わんこ🐶の飼い主さんへ

前述したものは人間のみではなく脊柱動物みな共通、つまり犬にも当てはまります。例えば、柵や手すり、床、人間の汗を舐める、土やうんちを食べるなど。全てが当てはまるわけではありませんが、これも1つのミネラル不足のサイン。動物は本能で必要なものを摂ろうとしているのです。

 

ミネラルは大きく分けて3種類

1つ目は金属性ミネラル=貝殻、卵の殻などで、体内への吸収率10%弱

2つ目はキレートミネラル=キレートとは、体内に吸収しやすいように処理されたもの。けれど中身は金属性ミネラル。吸収率50%前後

3つ目は植物性ミネラル=古代植物が堆積したもの。吸収率98%(←わが家が摂っているもの)

 

ペットフードは総合栄養食ですが、値段を抑えるため植物ミネラルはほぼ使われていないでしょう。自然な形で胃腸に負担をかけることなく、しみわたるように吸収されるのがベストなんです。

 

例:知人のわんこ

普段はペットフード。植物性ミネラルを添加したところ、食べ終えてもフードボウルを舐め続けたそう。「よっぽど美味しかったんですね」。いーえ、これはミネラルが足りていなかったという事かと思います。植物性ミネラル自体はけっして美味しいものではありません(笑)。「何年もしなかったボールを投げを要求するようになったんですよ。まるで若返った様」だそうです。よかった♪

 

動物、赤ちゃんは素直です。この変化を目の当たりにすると同じミネラルでも違いがわかっていただけるかと思います。植物もしかり。植物にも外敵から身を守る防衛本能があります。けれど、土に栄養素が足りていないと虫がついてしまうのです。その畑で作られた野菜を食べている私たち。なので栄養素が不足しているのです。

 

飼い主が健康であってこそペットを守れるのです。

全ての毛むくじゃらたち、そしてその子たちを守る飼い主さんが健康でありますように💛

 

SESドッグライフカウンセラー(認定番号127081梶田 薫(かじた かおり)

 

※わが家のゲストハウスではペットはご宿泊できません。